大阪市住吉区"粉浜・帝塚山"の内科・消化器内科・外科なら「さらたにクリニック」へ。当院は阪堺電軌阪堺線「東粉浜」駅徒歩約2分、南海本線「粉浜」駅徒歩約3分、阪堺電軌上町線「神ノ木」駅徒歩約8分の所にございます。風邪や生活習慣病等の内科診療から、胃カメラ、予防接種、ケガの治療などの外科診療まで幅広く対応する事ができます。

胃がん検診のすすめ(鼻から入れる無痛胃カメラ検診)

  • ホーム »
  • 胃がん検診のすすめ(鼻から入れる無痛胃カメラ検診)

ピロリ菌は、高齢者ほど感染率が高く、50代以上の約70%が感染しているとされています。原因は加齢ではなく、ピロリ菌の主な感染ルートが井戸水だったためです。つまり昭和初期以前に幼少期を過ごされた方は、井戸水が生活水であり、ピロリ菌に感染しやすい環境でした。

ピロリ菌に感染していると、慢性胃炎から胃がんになりやすく、胃がんの99%はピロリ菌感染が原因です。

早期の胃がんは症状がなく、気付いた時には既に症状が進行していることがありますが、胃カメラ検診すればほぼ発見することができ、死に繋がる病気では決してありません。

鼻から入れて苦しくない無痛の胃カメラ検診なら当院へ

がんやポリープ等がある場所は、胃の粘膜表面の毛細血管パターンが変化しますが、当院の胃カメラに搭載している最新のNBI機能があれば、特定波長の青色光で照らし、粘膜表面の毛細血管等を映し出すことができます。そのため、肉眼では確認しづらい早期胃がんやポリープの発見率が飛躍的にアップします。

また、当院の胃カメラ検診は、鉛筆よりも細い5mmのカメラを鼻から通す経鼻式です。鼻腔に麻酔をかけ、内視鏡を挿入しますので、吐き気や苦しさはほぼありません。

数十年にわたり胃カメラ検診を行ってきた、経験豊かな女性院長が患者様の様子を見ながら、胃腸を隅々までチェックいたしますので、安心して受けていただけます。


従来設備で見た観察画像
当院の最新NBIで見た観察画像

胸やけや胃痛だけではなく、貧血や体重減少等、患者様の何気ない一言から胃がんを発見できることもあります。皆様の健康を守るかかりつけ医として、些細なことでもお気軽にご相談ください。

胃カメラのご質問・ご予約はこちらまで TEL 06-6673-3000(9:00~12:00、17:00~19:30)【休診日】木曜・土曜午後、日曜・祝日

PAGETOP
Copyright © 2018 さらたにクリニック All Rights Reserved.